知野真澄モデルのバレル使ってみての感想について
知野真澄モデルのバレル『DMC sable batras 4BA』を使ってみての感想を書いていきます。

広告

バレルについて

現在、プロで活躍されている知野真澄さんが使用しているバトラス(batras)というバレルメーカーのDMCさんが出している新しい規格のバレルです。

公式サイトやネット通販でも売り切れ状態となっているため入手が難しくなっています。

今回僕は、たまたまヤフオク出品されていたのを見て即買ってしまいました!

DMCさんと言えば、ダーツメーカーの老舗というイメージでスポーツ用品で例えるなら、ナイキとかadidasに位置するメーカーではないかと思います。

僕の中では、DMCと言えばなんとなく勝見翔プロのイメージが強いですね(^^)

知野真澄選手について

現在パーフェクトというダーツプロのトーナメントをメインに活躍されているトッププロになります。

去年の話になりますが、バラエティ番組にも出演されていたりマルチで活躍されているようですね(^^)

ダーツに関しても、優しい顔していますがすごい強い印象のプレイヤーです。

僕も、知野選手と同じく左目が利き目のため動画を見て参考にさせてもらっています。

広告

batras(バトラス)について

バトラスは、バレルメーカーのDMCさんが考案した唯一バレルを分解できる規格です。

通常のバレルですと、チップ、バレル、シャフト、フライトという組み合わせでできていますが画像の一番下にある通り、バレルも3分割できてしまうんです!!

これですと、もし後ろの部分が劣化した場合パーツを後ろだけ交換することができます。また、値段についても3000円とかで買えちゃいます。

バレル本体だけでも、だいたい13000円とかしてしまうので、長い目で見てもエコな規格ですねえ(^^)

それにパーツも各部品ごとにいろんな種類も出ているため、例えば後ろの部分だけ違うパーツを付け替えることもできて

ちょっと長くしたいなあとか違うカットにしたいなあとかも解決できちゃいます(^^)

今後は、他のメーカーからもこのようなバレルが出るといいなあと個人的に思います。

使ってみての感想

僕は、今まで後ろ重心のバレルしか使用したことがなく今回初めて前重心のバレルを使ってみました。

画像について

上が以前使った『BIG BANDY3.5』

下が今回使った『sable batras 4BA』

バレルごとにタングステンがどのくらいバレルに詰まっているか確認した画像になります。

重心位置の比較

どのくらいタングステンが詰まっているかを比較してみたのですが

後ろはあまりタングステンの量が変わりませんね(^^)

sableのバレル前方が4BA(オスネジ)となっているため前重心になることがわかります。

飛びについて

飛びの確認をしたところ、後重心と比較しダーツが上下に浮き上がらない印象を受けました。

後ろ重心の場合は、ダーツボードに刺さる手前に少し大きく上下してBULLを外すことがありましたが

このバレルだと、上下の揺れが少ないためまっすぐBULLに向かってくれる感じがしましたね。

その他の気づいたこと

また今回初めて4BAのバレルにしたのですが、2BAよりもチップも緩まないのでチップの緩みが気になる人にオススメです!!

まとめ

sableを使ってみて、前重心のバレルの魅力を知ることができました。

投げてみた感じは、持ちやすいしチップも緩まないし飛びもいいですね。

ぜひ、参考にしてくださいね。

広告