ダーツの利き目を確認する方法
本記事では、ダーツにおける利き目について書いていこうと思います。
また、僕が実践した利き目を判断する方法も書いたので是非参考にしてみてくださいね。

広告

効き目について

ダーツをするうえで知っておきたいことに利き目があります。

利き足や利き手と同じように、モノを捉えるときにどっちの目を主として見ているかというものです。

そのため、右利きのプレイヤーが必ずしも右目でターゲットを見ているとは限りません。

なぜなら、僕が右利きで左目が利き目であるからです。

利き目を知っておくことで、飛ばし方のイメージや利き目に合わせることが異なるのでダーツの技術が向上するはずです。

効き目の確認方法

確認する方法は、ネットで探すとたくさん出てくると思いますが僕の方法をご紹介します。

1.まず親指と人差し指で輪を作ります。

※右手でも左手でも大丈夫です(^^)

2.なんでもいいので目標物が輪の中に収まる用に両目で見ます。

※僕の場合は、ダーツボードのBULLを目標物にしています。

3.手の場所を変えずに右目と左目を交互に閉じて目標物を確認します。

もし、右目を閉じて左目でBULLが輪の中にあるようなら左目が利き目となります。

※左目が利き目の場合、左を閉じて右目で輪を見ると右の図ようにBULLが輪の外に出て見えるはずです。

右利きで利き目が左の場合の飛ばし方について

右利きで右目が利き目の場合は、セットアップ位置から右目の下に来るようにテイクバックすることでBULLとダーツを目を直線で合わせることができると思います。

僕の場合は、右利きで左目が利き目のため同じように右目に引いてしまうと途中からダーツを見失ってしまい左にずれることが多く感じました。

僕と同じようなプレイヤーは、たくさんいるようでダーツ界最強のフィル・テイラーも左目が利き目だそうです。

フィル・テイラーの場合

動画を参考に彼を分析したところ、彼の場合は、テイクバック時に腕を左目に下げてくるようにして合わせているようです。

この方法だと、理論上はBULLとダーツと目が一直線になるためターゲットに直線に飛ばすことができると思います。

ただし、僕が実践して感じたことが肘の位置が難しいということを感じました。

実践する際に肘の位置を2パターンで検証してみました(^^)

1.肘を内側に入れた場合、脇が窮屈に感じて投げにくい

2.肘を開いた場合だと、窮屈さがなくなるが手を右に振ってしまいリリースするタイミングが難しい

結果僕の場合は、この方法を実践することが難しいと感じました。

広告

僕の場合

僕の合わせ方なのですが、意識をしないことにしました^^;

つまり両目で確認して、投げるということです。

セットアップの時に毎回フライトがBULLと重なる位置にするくらいにして

後は、肘を支点にして手を振るだけにすることにしました。

まとめ

利き目の確認をすることで、参考にできるプロなどがわかると思います。

僕の場合も動画などでプロの意識しているだろうことを取り入れたりしています。

場合によっては、すごく上達する可能性があるため

是非、この記事を参考にして利き目を調べてみてくださいね(^^)

広告