ダーツのバレルを定期的に手入れするやり方について
本記事では、ダーツのバレルを定期的に手入れする方法について書いていきます。
バレルの洗浄により、飛びも変わることがあるので試して見ましょう。

広告

ダーツの汚れについて

ダーツは、投げ続けてくるとカットの部分に汚れが入り込んだりバレルがベタついたりします。

汚れの原因は、手の脂だったりホコリなど…

バレルのベタつきなどは、ダーツが指から離れにくくなり飛びに影響してしまいます。

バレルの洗浄について

僕の場合は、ベタついた時や3ヶ月くらいに1度お湯で洗浄します。

洗浄のやり方ですが、すごく簡単です。

洗浄のやり方

バレルの洗浄について画像を用いながら解説します。

1.ティップとシャフトをバレルから外す

2.ダーツ容器に入れてお湯を注ぐ

※この時容器を揺らしたりしてバレルを転がすことでより汚れを浮き出すことができます。

また、歯ブラシや歯間ブラシを利用してすることでバレルの刻みの汚れもより取り除くことができちゃいます。

3.水分をタオルなどで拭き取る

※この時にバレルのネジ穴に水がたまるため、綿棒などを使って水分を拭き取りましょう。

そうすることで、ネジ山についているゴミなども取り除くことができます。

また、注意しなければならないことがあります。

バレルをお湯から取り出す際は、熱を持っているため割り箸やピンセットなどを利用して取り出しましょう。

広告

僕流のさらにきれいにする方法

お湯での洗浄を試すと確かにすっきりします。

 

しかし、なんとなくですがやや脂っぽい感じ^^;

それを解消できないかと考えて試してみたやり方があるんです!!

あくまで僕流のやり方ですが…

 

それは、重曹を使った洗浄でした!!

 

重曹は、テレビなどでガラスのコップなどをきれいにすることができると報道されていました。

それをバレルにも応用してみたんです!!

重曹の使い方

バレルをお湯に入れる前に一度、重曹を丸めたラップに乗せて磨きます。

力をあまり入れず、軽く一周させるくらいでいいでしょう(^^)

 

磨き終わったらお湯につける作業をします。

たった、これだけ!!

結果

これをするだけで、お湯から取り出したときにバレルのヌルヌル感をなくすことができました。

この方法を試したバレルを2ヶ月ほど使っていますが、特にサビたとかダーツの飛びがおかしくなったなどはありません。

むしろ、レーティングも伸ばすことができています。

また、公式で売られているバレルを洗うバレルクリーナーも幾つかありますので購入されてもいいかと思います。

バレルクリーナーについて

公式で販売されているバレル洗浄商品があります。

使い方は公式サイトの動画を参考にしてください。

まとめ

今回は、バレルの洗浄方法についてご紹介しました。

定期的にバレルを洗うことで飛びも気持ち的にもすっきりします。

ぜひ試して見てくださいね(^^)

広告