ダーツのセッティングについて(シャフト選び)
本記事では、ダーツのセッティングについて書いていきます。
今回は、シャフトについて詳しく書いています。

広告

シャフトについて

シャフトは、バレルとフライトをつなぐパーツです。

シャフトには、メーカー、長さ、形状、素材などの選ぶ要素があります。

シャフトにより、フライトが回転するスピンタイプや回転しないロックタイプなどもあります。

また、使用しているフライトによっては装着できないシャフトもあります。

※例えばフィットフライトには、他のメーカーのシャフトをつけることができません。

シャフトの役割は、フライトの効果を引き出し飛びの変化とダーツ全体のバランスを変更するなどです。

素材について

素材は、ナイロン、カーボン、アルミ、チタンなどがあります。

ソフトダーツで主に使用されるのが、ナイロンとカーボンになります。

 

ナイロンは、他の素材に比べて種類が豊富で軽くグラデーションも様々存在します。

また、値段が安いということで初心者から上級者まで使用されもっとも普及されています。

カーボンは、軽量で耐久性が強く、軽くて丈夫という点でナイロンよりも長く使用できると思います。また、ナイロンよりも高価ではあります。

 

僕の場合は、ナイロンを選択しています。

理由は、カーボンも使用したことがあるのですがネジが緩みやすかった印象があるため投げ終わったあとのネジの締め直しが面倒だったからです。

※ただし聞くところによると、バレル側がカーボンでないものもあるようなので根本で折れてしまうことがあるそうです。

形状について

シャフトの形状は、ストレートやスリムやハイブリットなどメーカーにより様々な形状が存在します。

ストレートは、バレル側からフライト側までの太さが均一でバランスがいい形状となっています。

また、ダーツのバレル購入時に付属としてついてくるのもストレートタイプのシャフトが多いです。

スリムは、シャフトが全体的にくぼみがある軽量タイプになります。

ただし、細くなっている分折れやすくなります。

ハイブリットは、バレル側が太くなりフライトに向かって細くなっているためスリムとストレートの中間のシャフトとなります。

広告

長さについて

シャフトの長さは、メーカーにより長さが異なります。

長さは、短いもので、12.8mm 長いもので44.0mmがあります。

長いシャフトは、フライトの効果をより受けやすくなるため速度が遅く山なりに飛ぶとされています。

短いシャフトは、フライトの効果を受けにくいため速度が早く直線的に飛ぶとされています。

ただし、フライトのセッティングにより飛び方が変わるためシャフトについてデザインなどで選ばれるといいかもしれません。

 

僕の場合は、現在一番長い440を使用しています。

ダーツバーでだれかが話していたのですが「長いやつ投げれたらなんでも投げれる」ということを聞いたからです。

 

実際短いシャフトも中間くらいのシャフトも試しましたが、長いシャフトの方がダーツの飛び方が見れるため2本目3本目の修正がどうしたらいいか判断しやすく感じています。

そのため、3本目にはBULLに1本必ず入ります。

 

メーカー別シャフト長さ一覧

(mm) Lスタイル フィット ジョーカードライバー
12.8 128
13.0 130 1
18.0 2 S
18.5 185
19.0 190
24.0 3 L
25.0 250
26.0 260
28.5 4
30.0 300 IL
31.0 5 M
32.0 320
33.0 330
35.0 6 ML
37.0 370
38.5 7 XL
41.5 XXL
42.5 8
44.0 440

まとめ

今回は、ダーツのシャフトについて書いていきました。

シャフトには、長さや形状、素材などがありますが色々購入してためしてみることをおすすめします。

 

僕のおすすめとしては、440のスリムです。

これに慣れればどのサイズのシャフトでも投げることができると思いますよ。

シャフトを購入する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

広告