ダーツ初心者向け練習方法について
本記事では、ダーツの初心者に向けた練習方法を幾つか紹介していこうと思います。

広告

ダーツがうまくなるためには

基本的には、投げるしかありません。

 

初心者のうちは、投げる筋肉ができていないため1、2時間くらいで肩や肘や足など体に痛みを感じることがあると思います。

何度か投げに行っているうちに長時間投げていくうちに体が慣れていきます。

 

うまくなるには、練習が必要になるので毎日10分でもダーツボードに向かうことが上達への近道になると思います。

 

しかし、練習だと思うとちょっと窮屈で人によっては、嫌になってしまうことがあると思います。

 

僕は練習よりも、なぜダーツを練習しなければならないのかモチベーションを決めることが必要だと考えています。

うまくなるためには、練習が必要という頭が回るのでその思いが練習に向き合うことができます。

 

僕が始めた時は、罰ゲームでもうショットガンを飲まないためにやるんだというのが理由だったと思います。

あとは、大会でドヤ顔したいとかモテたいなどでより練習に向き合うようにしています。

超初心者向け練習法

まだ、初めて何度かのプレイヤーは、BULLに入れることよりもダーツが的の中に入らないということがあると思います。

どのように持ったらいいのかとかどうやって投げたらいいのかとかダーツが上を向いて刺さらないなどあると思います。

 

そこで、私が考える方法をとりあえずやってみてください。

きっと、ダーツボードにさせるまでにはなるはずです。

広告

持ち方について

ダーツの持ち方は、ダーツ用語でグリップと呼ばれます。

初めての場合は、ダーツを1本床に落としてそのダーツを拾った時のグリップで投げてみるといいと思います。

そのグリップが自然な持ち方になっていると思います。

 

もししっくりこないのであれば、えんぴつ持ちが安定すると思います。

普段ペンを握ることがあり違和感なく持つことができると思います。

投げ方について

初めてのうちは、ダーツにうまく力を伝えたらいいのかわからないし、それを補うために体が前後にゆれてしまったりします。

周りで投げている人を参考にイメージしても、自分が実践する場合思った通りにいかないと思います。

そこで僕なりの初めてのイメージを考えて見ました。

それは、

【BULLを押しにいく】です。

少し詳しく説明していこうと思います。

 

BULLを押しに行くイメージ

1.ダーツを持たずにスローラインに立ちます。

立つときは、やや半身になるようにして右利きなら右足を前にして左足が後ろに来るようにスローラインに立ちます。

 

2.その状態で今度は、人差し指を立てて指が上を向くようにします。

※ちょうど、オードリー春日のトゥースのようなイメージになります。

 

3.目線は、立てた人差し指とBULLを重ねるようにします。

 

4.BULLを押すイメージで指をBULLに重ねます。

部屋の電気をつけるようなイメージをダーツボードでイメージします。

スローラインからダーツボードまで距離がありますが、まず初めに自分の指を長いと思いこんでください。

その指でBULLを押すというイメージです。

まとめ

今回は、僕なりの超初心者向けのイメージと投げ方について書いてみました。

ぜひ、今回紹介した方法を試してみてくださいね。

きっとボードに指すことができると思います(^^)

広告